見逃せない!倉庫選びで優先的に確かめるポイント

倉庫で保管物の温度管理ができるかどうか確認

物品の保管のため倉庫を借りる場合には、いくつか気を付けたいポイントがあります。保管する物によって、適切な倉庫を選ぶ必要があるでしょう。保管物によっては、常温での保管が難しい場合もあります。食品などは低温で保存する必要があり、温度管理ができる倉庫を選ばなければなりません。特に食品によっては冷凍による低温で保管しなければならない物もあることから、倉庫に冷凍設備が整っているかどうかを事前に確認する必要がありますね。

アクセスしやすい倉庫を選ぶことが大切

倉庫に物品を出し入れする際には、できるだけアクセスしやすい立地の物件を選んだ方が有利ですね。大量の物資を倉庫に預ける場合には特に、アクセスのしやすさの重要性は高いです。地図で倉庫周辺の交通環境をチェックし、大型のトラックによる運搬が可能かどうか確認を要します。ただしアクセス面で利便性の高い立地に優れた倉庫は人気が高く、利用料が高くなる傾向にあります。そこで倉庫の利用料金をあらかじめ見積もってもらった方が無難でしょう。

倉庫選びで忘れていけないセキュリティ体制のチェック

倉庫選びで見逃しがちな重要ポイントとして、セキュリティ性が挙げられます。倉庫に保管していた物品が盗まれる可能性は否定できません。そのため防犯対策に問題があるような倉庫は避ける必要があるでしょう。できれば防犯カメラなどのセキュリティ設備が整っている倉庫を選ぶのが安心です。警備員が24時間体制で見守っている倉庫であれば、保管している物品が盗まれる心配は少ないですね。また万が一にも盗難があった場合に補償が受けられるかも確かめる必要があります。

倉庫作業等で物流に関わる時、多くの場合はフォークリフトの免許が必要になります。無資格者でも会社が支援して免許をとらせてくれるので、入社前には確認するとよいでしょう。