食品倉庫の作業についてメリットをあげよう

倉庫作業の内容は集中しやすい?

食品工場で働くようになると、作業が区切られてます。大きく分けると入荷、仕込み、梱包、出荷の四項目に分かれます。どの作業も1ヶ所集中型、単純作業になります。仕事を覚えてしまえば簡単なことが多いです。接客が不向きな方や、1個の事に集中するのが得意な方はオススメです。人との関わりも少なく、自分自身の仕事に集中出来ることはありがたいですね。尚、フォークリフト免許を取得済みの方を、倉庫側では働く条件としていることも多く、求人広告が出ています。

仕込み、梱包でする作業

食品工場では、ベルトコンベアを使用して商品を作成しています。一つ一つの商品に手で品物を入れたり、大型の機械を使用して大量の食品を製造、生産している所もあります。製造された商品を段ボールや袋に詰めて商品としてパレット(板状の荷物土台)に積み、出荷されていきます。段階ごとに製品が作成されていきますが、その各作業を分担して行い、流れ作業にすることで生産時間や製造効率をあげています。最初は慣れない事ですが単純作業なので、覚えるのが早く、仕事が手に付きやすい仕事でもあります。

入荷、出荷に使用されるフォークリフト資格

倉庫では大量生産するものが多く、ひとつの原料を受け入れるにも大量の品が入ってきます。トラックから原料を下ろす際、フォークリフトが使用されます。袋詰めされいているものや、段ボールの梱包されている物があります。パレット積みされている製品が多く、その場合はフォークリフトで運びます。製品を倉庫へ運び、整理整頓します。出荷時にも作られた商品をパレットに積んでいる状態なので、フォークリフトで倉庫からトラックに運び、積み込みます。意外に力仕事が少ないものです。

3PLとは、欧米から導入された第三者の立場で荷主に物流業務を提案するサービスのことです。荷主はこのサービスを導入することで、物流業務の効率化と事業拡大を見込めます。